上杉まつり 米沢 金池 【4/29~5/3】



 

山形県米沢上杉まつり
山形県米沢上杉まつり


施設情報

開催日:4/29~5/3


かつて城下の春まつりと呼ばれていた米沢上杉まつり。長く厳しい冬を乗り越えて、米沢に春の訪れを告げるこのおまつりは、春の風物詩でもあります。

【開催祭り】
上杉謙信の命日であるこの日、千人もの踊り手らが色とりどりの衣装に身を包み、様々な踊りを奉納します。

【武てい式】
謙信は、生涯において自ら先陣に立って戦っていました。その出陣の度に武てい式と称する儀式を行い、神仏に戦勝を祈りました。

赤々と燃えるかがり火の中で、五沾水の儀、軍神勧請の儀などが荘厳にとり行われる武てい式をここに再現し、詰めかけた観客を戦国の世へいざないます。上杉砲術隊による火縄銃の演舞、上杉太鼓の響きなども見どころの一つです

【上杉行列】
市内の目抜き通りを、威風堂々たる上杉軍団の甲冑行列と、絢爛豪華なみこし渡御が練り歩きます。装飾山車や騎馬武者を含む約五百人の上杉軍団。

市内小学校の鼓笛隊と上杉神社みこしから成るみこし渡御。総勢千数百人に及ぶ大パレードが繰り広げられ、戸毎の上杉紋旗が五月の風にはためき、沿道は人波で埋め尽くされます。

「直江兼続」2009年大河ドラマ「天地人」の主人公直江兼続の超BIGサイズの山車も登場!

【川中島合戦】
上杉行列のあと、相生橋と万里橋間の松川河畔に集結した大軍勢残雪の吾妻を背に、南側が上杉陣、北側が武田陣。それぞれ陣幕を張り巡らし、上杉本陣は頭巾姿の謙信公を中心に28将が居並び、騎馬・鉄砲・槍隊が控えます。

対する武田陣は諏訪法性の兜を着けた信玄を守って赤備えの槍、鉄砲隊。上杉陣で武てい式、武田陣で三献の儀が行われたあと、上杉の雷筒(30匁筒の一斉射撃)で決戦の火蓋が切られます。

合戦会場対岸からの観覧もオススメです!高坂弾正率いる武田別働隊の川渡りを間近で見ることができるなど会場正面とはまた違った楽しみ方ができますよ。

また会場には、米沢観光物産協会青年部飲食ブースで、米沢の美味しいものがたくさん。川中島保存会販売のオフィシャルシナリオブックその他お土産品の販売パンフレットの配布ぜひお立ち寄りください!






交通 米沢駅から徒歩10分

アクセス 5-2-25 米沢市金池 山形県 992-8501
37.906465, 140.120261
上杉まつり 公式HP 問い合わせ先

上杉まつり お問い合わせ 0238-22-9607


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 


庄内 鶴岡の特産さくらんぼ・山菜・だだちゃ豆・つや姫

釣りの日程調整ツール 調整さん

ページ上部へ戻る