初市 山形市 十日町 【1月10日】




山形市十日町山形初市
山形市十日町山形初市


施設情報

開催日:毎年1月10日開催

江戸時代初期から始まり、約400年の伝統をもつ山形の風物詩。最上義光公の時代、山形には定期の市が立つ市日町があり、毎年1月10日に市神祭りとして、十日町から七日町にかけて多くの露店が立ち並ぶようになったのが始まりとされています。

商業の株を象徴しての「かぶ」、長寿を表す「白ひげ」などの野菜、「初あめ」、「団子木」等の縁起物をはじめ多くの露店が立ち並び、山形市内外から約20万人を超す人出でにぎわいます。毎年1月10日開催。

最上義光公の頃よりあり、それ以来続く正真正銘最も古く伝統のある山形のイベント。盛り上げ目的で起こした訳ではない、本物の伝統行事の大きなものと言うのは、山形市において中心街で行われるものでは唯一と言っても過言ではありません。

そもそもが、毎年一月の十日に行われますのは、十日町の初市だからでして、商いの側面も当然ございますが、本来はれっきとした市神様のおまつりでございます。

あまりご存知ないかもしれませんが、十日町のど真ん中には市神様の碑が立っておりまして、しっかりとイベントの開催前に神事も行われております。






交通 JR山形駅から徒歩15分

アクセス 山形市十日町・本町・七日町の国道112号線及び沿線
山形市十日町
初市 公式HP 問い合わせ先

初市 お問い合わせ 023-622-4666


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 


庄内 鶴岡の特産さくらんぼ・山菜・だだちゃ豆・つや姫

釣りの日程調整ツール 調整さん

ページ上部へ戻る