新庄まつり 新庄市 沖の町 【8月24日~26日までの三日間】




山形県新庄市新庄まつり
山形県新庄市新庄まつり


施設情報

開催日
8月24日
 19:00 宵まつり山車行列(駅前通り通過)

8月25日
 9:30 神輿渡御行列(駅前通り通過)
 10:10 本まつり山車行列(駅前通り通過)
 19:00 新庄まつり260年記念山車行列

8月26日
 10:00 奉納鹿子踊(場所:最上公園)
 15:00 飾り山車

圧倒的なスケールで、見るものを魅了する新庄まつり。新庄の夏は、まつりの興奮と熱気でフィナーレを迎えます。 藩政時代の宝暦6年(1756)、時の藩主戸澤正諶が、前年の大凶作で打ちひしがれている領民に活気と希望を持たせ、豊作を祈願するために、戸澤氏の氏神である城内天満宮の「新祭」を領内あげて行つたのが起源とされています。

約260年前に始まったまつりはその長い時の流れの中で、少しずつ変貌を遂げてきました。しかし、いくら歳月を重ねても、変わらなかったものは、人々のまつりにかける情熱です。宵まつり・本まつりに絢爛豪華を競う日本一の山車パレード、古式ゆかしい神輿渡御行列、新庄城址で踊られる風雅な萩野鹿子踊・仁田山鹿子踊…。

藩政時代をしのぼせる歴史絵巻が繰り広げられる新庄まつりは、この地に住む人々の心の風景に刻み込まれ、これからも未来に伝えられていきます。

わたしたちのまつり、故郷のまつり、新庄まつり。8月24日から26日まで、勇壮にして華麗な3日間。まつり囃子の響きがまちを包み込みます。

各町内の若連が1ヵ月余りかけ、精魂込めてつくりあげた山車は、24日の夕刻、子どもたちに引かれて動き出します。歌舞伎の名場面や歴史絵巻を再現した山車に照明が入ると、人々を光と影が織り成す幽玄の世界へといざないます。

宵まつりは、灯入(ひいれ)式で幕を開け、その後市内南北両方面に分かれて出発した山車は、まつり囃子に乗り「チェレーンコヤッサー」の掛け声に合わせて進み、南本町十字路で合流します。そして、駅前通りを駅前広場「アビエス」に向かってパレードするとまつりは最高潮に達します。






交通 JR山形新幹線新庄駅から徒歩約5分

アクセス 新庄市内中心部
新庄市沖の町
新庄まつり 公式HP 問い合わせ先

新庄まつり お問い合わせ 0233-22-6855


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 


庄内 鶴岡の特産さくらんぼ・山菜・だだちゃ豆・つや姫

釣りの日程調整ツール 調整さん

ページ上部へ戻る