花笠まつり 山形市 十日町【8月5日(水)から7日(金)の3日間】



山形県山形市祭り花笠まつり
山形県山形市祭り花笠まつり


施設情報

2015年8月5日(水)から7日(金)の3日間
18時から21時30分頃まで

「ヤッショ、マカショ!!」と威勢のいい掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色。 華やかに彩られた山車を先頭に、艶やかな衣装と紅花をあしらった笠を手にした踊り手が、 山形市のメインストリートを舞台に群舞を繰り広げます。

現在では東北四大まつりの一つとして全国に知られるようになった、 山形の真夏の夜をこがす、華麗なまつりです。

花笠まつりの振り付けは、山形県内各地域別に約10種類存在していたそうです。1963年(昭和38年)、それらの振り付けが一本化され「正調花笠踊り -薫風最上川-」が制定されました。

以降、これが標準的な振り付けとされましたが、紅花摘みの作業唄からとったとされる、その楚々とした踊りの動作のため、主に女性が踊り手の中心となりました。

1999年(平成11年)、「正調花笠踊り -蔵王山暁光-」が、「薫風最上川」に並ぶ標準振り付けとして制定された。豪快な動作を取り込んでいるところが特徴であり、これにより男性の踊り手の増加に寄与したと言われています。

また、「おばなざわ花笠まつり」で踊られているいわゆる「笠回し」で参加する団体も多い。笠回しには5つの流派があります。

例年6月1日よりパレード参加団体を募集いたします。参加するには専用の申込書が必要となります。参加要項・申込書をご希望の方は、山形県花笠協議会事務局までお問合せください。

参加条件
・「花笠音頭」に合わせて踊ること!
・花笠を持って(または身に着けて)踊ること!
・20人以上のグループで参加すること!(1団体20人以上200人以内)
・花笠パレードに楽しく参加すること!
衣裳
服装は浴衣にこだわらず、はっぴなどの出来るだけ華やかで「花笠まつりパレード」にふさわしいものにしてください。
なお、花笠・ぞうりなどは衣裳ともに、各団体でご準備ください。






交通 山形駅より徒歩10分

アクセス 中心市街地約1.2km直線コース(山形市十日町・本町七日町通り~文翔館)
山形県鶴岡市本町2丁目14−23
花笠まつり 公式HP 問い合わせ先

花笠まつり お問い合わせ 023-642-8753


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 


庄内 鶴岡の特産さくらんぼ・山菜・だだちゃ豆・つや姫

釣りの日程調整ツール 調整さん

ページ上部へ戻る