子供が夜に咳込む原因と対策方法

気管支が狭くなる時間帯だから

呼吸をするとき、鼻や口から吸った空気は気管支の中の気道を通って肺に送られます。夜間から明け方にかけては、この気管支が狭くなるため、呼吸がしづらくなり咳が出ます。喘息によって元々気管支が炎症や収縮を起こして狭くなっている場合は、夜間に気管支が狭くなることで、さらに発作が起こりやすくなっているとされています。また、季節の変わり目など、明け方ごろから急激に温度が低下するときにも気管支は収縮しやすく、咳を引き起こしやすいので、急な温度変化にも注意することが重要となります。

 

仰向けで寝ているから

仰向けに寝る子は多いと思いますが、仰向けになることで鼻水が喉の方に流れ、それを身体が異物として認識するため咳が出やすくなると言います。また、子供がよく口を開けて寝ている場合、口呼吸が習慣となって、口の中や喉が乾燥して咳き込みやすくなるケースもあるようですね

 

ハウスダストに対するアレルギー反応

布団の中には、埃やダニの死骸・糞などのハウスダストがたくさん存在している可能性があります。これらを吸い込むことでアレルギー反応を起こし、咳が出るケースもあるようです。普段から布団の手入れをしているつもりでも、人間がかく汗やダニのエサとなるフケや垢などは毎日布団に付きやすく、ダニが好む環境であるため、大量のダニが生息している可能性が高いのです。自宅ではこまめにレイコップなどでハウスダスト対策を行っていても、旅行中や外泊中の夜中に咳き込む場合は、アレルギー反応が原因と言えるでしょう。







夜の咳き込み対策…室内を加湿する

空気が乾燥すると、喉の粘膜が持つ防御機能が低下してしまいます。特に冬場は暖房を使用するため、空気が乾燥しやすく咳が出やすくなってしまいます。部屋の湿度を保つ際には50~60%を目安にし、加湿器の使用やこまめに換気するなどして、室内の乾燥を防ぐように気をつけましょう。濡れたバスタオルを室内に干すのも効果的です。

 

夜の咳き込み対策…横向きや、頭を高くして寝る

枕を高くして上体が傾斜になるようにして寝かせると、喉に鼻水が落ちてもからまずに流れやすくなり、咳も緩和されます。咳で呼吸するのもつらいようなら、仰向けではなく横向きにエビのように丸まって寝かせるようにすると楽になりますよ。

 

夜の咳き込み対策…痰をとってあげる

痰がからむと咳が出るのですが、子供は上手に痰を吐き出せないことが多いものです。そこで、痰がからんで咳き込んだタイミングで、下から上に向かって背中をトントンと叩いてあげましょう。あまり強く叩きすぎないように注意しながら叩いていくと、痰がとれやすくなります。


 

繰り返しDVDを見ていた2歳の娘が突然
『What's your name』
夫婦で 『えっ!! なんて言ったの? もう一回』
『What's your name』恐るべしディズニー

DVDを見て2日目の出来事 ・・・詳しくはこちら2015年9月30日まで無料サンプルプレゼント
将来子供の英語に不安…遊びながら英語に親しむ方法!ママも安心楽々
 http://odekake-k.com/
無料サンプル教材プレゼント
一日ほんの少しの時間で、勉強の習慣が自然に身に付く 子供の学力アップ
 http://odekake-k.com/
2015年12月25日まで無料体験キッド
子供が楽しく学んで子供の作文力が身につく!3つのステップとは?
 http://odekake-k.com/



 

その他、まだまだお悩みの解決になるモノを紹介しているページがあります。

コチラから見ていただけますよ♪
ブログランキング登録してみました!
よろしければポチっとお願いいたします♪
↓↓↓






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 


育児子育てお悩み解決ブログ最近の投稿

2015.9.30まで無料サンプルプレゼント
将来子供の英語に不安…遊びながら英語に親しむ方法!ママも安心楽々
 http://odekake-k.com/
無料サンプル教材プレゼント
一日ほんの少しの時間で、勉強の習慣が自然に身に付く 子供の学力アップ
 http://odekake-k.com/
2015.12.25まで無料体験キッドプレゼント
子供が楽しく学んで子供の作文力が身につく!3つのステップとは?
 http://odekake-k.com/
ページ上部へ戻る