赤ちゃんの離乳食はこう進む


生まれてから3ヵ月くらいまでは、1日中ミルクのみで過ごす赤ちゃん。4ヵ月くらいから始まる離乳食は、次のような流れで進みます。

ただし、時期についてはあくまで目安と考えてくださいね。離乳食に慣れやすい子、慣れにくい子と赤ちゃんによって個人差が大きいのであせることはないですよ!

離乳食を急ぎ過ぎると、幼児期になってから固い物をかめず、丸飲みしてしまう癖がついてしまうことも。

好奇心おう盛な赤ちゃんの場合、大人の食事もパクパク食べてしまうけど、これは丸飲みしているだけ。一段階一段階できるようになってから、次に進めることが大切なんです。

 (1)生後すぐ~3ヵ月

この時期は、母乳(またはミルク)中心。のどが渇いたときに湯冷ましなどを飲ませる程度。生後1ヵ月で授乳間隔は3時間程度、その後も間隔は徐々に開き、4ヵ月ごろには4時間以上に、夜の授乳もしなくてよくなることが多いです。

母乳(ミルク)をあまり飲まないと悩むお母さんもいますが、体重が増えているようなら心配はないでしょう。3ヵ月くらいになったら、他の味に慣れさせるために、果汁を少しずつ与えてみましょう。

(2)4~5ヵ月(離乳準備期)

果汁の味に慣れてきたら、今度はヨーグルトやベビーフードの果物ペースト・リンゴのすりおろしなどを。やはり、1日1さじから少しずつ増やしていきます。

トロトロの食感を経験させるのが目的なので、「1日にこれだけ食べさせよう」といった目標は特に作らず、気楽にやってみましょう。







(3)5ヵ月ごろ~(1日1回食+授乳5回程度/離乳初期)

じゃがいものマッシュをミルクでのばしたイメージの、トロトロ状のものをゴックンと飲み込む練習をする時期。まずは、1日1回授乳の前に、つぶしがゆを1さじ食べさせるところから開始しましょう。

赤ちゃんが食べてくれるようなら1日ごとに量を少しずつ増やし、その時間のミルクを少なめにしていきます。味付けは特に必要ありません。ベビーフードの野菜スープなどで煮てあげる程度でOK。

(4)6ヵ月ごろ~(1日2回食+授乳5回程度/離乳初期~中期)

豆腐状やつぶつぶ状のものを舌でつぶしてモグモグと食べる時期。1日2回授乳の前に離乳食を食べさせます。

1回当たりの量もゴックン期((3)の頃)よりも増えてきます。慣れてきたら、少しずつ調味料で味つけし、変化のあるメニューにしてあげましょう。ただし、あくまでも薄味を心がけて。

(5)9ヵ月ごろから(1日3回食+授乳5回/離乳後期)

食べ物を歯ぐきを使ってカミカミする(噛みつぶす)のに慣れる時期。1日3回授乳の前に離乳食を与えますが、離乳食を食べた後はミルクを欲しがらない子も増えてきます。

この時期は、赤ちゃんの栄養補給をミルク中心から食事中心に切り替える時期でもあるので、栄養バランスを考えて離乳食を作ることが大切です。

また、この時期の赤ちゃんは好奇心おう盛。自分で手を伸ばして食べたがる子も。一品くらい手づかみできるメニューを添えてあげると喜びそうですね。

(6)1歳ごろから(1日3回食+ミルク2回程度/完了期)

奥歯で噛んで食べる様子が見られるようになり、食後に欲しがるミルクの量も減ってきたら、大人と同じメニューを小さく切って食べさせられるようになります。

ただし、味付けは薄味が基本!この際、家族ぐるみで薄味に切り替えることを考えてもいいのでは?ミルクも哺乳瓶からコップに。

自分で食べたいという欲求もますます強くなり、手にスプーンやフォークを持たせれば、親の真似をして口に運ぶこともあります。ただし、スプーンやフォークが使えるようになるのはまだまだ先。

この時期は、食べ物をこぼす、吐き出す、ひっくり返す、かき回すと、親の忍耐が必要な時期でしょう。






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 


育児子育てお悩み解決ブログ最近の投稿

2015.9.30まで無料サンプルプレゼント
将来子供の英語に不安…遊びながら英語に親しむ方法!ママも安心楽々
 http://odekake-k.com/
無料サンプル教材プレゼント
一日ほんの少しの時間で、勉強の習慣が自然に身に付く 子供の学力アップ
 http://odekake-k.com/
2015.12.25まで無料体験キッドプレゼント
子供が楽しく学んで子供の作文力が身につく!3つのステップとは?
 http://odekake-k.com/
ページ上部へ戻る