勝山城博物館 勝山市 平泉寺町



勝山城博物館
勝山城博物館


施設情報 地元出身の実業家、相互タクシーの創業者である多田清の手により建築され、1992年(平成4年)7月19日に開館した。江戸時代の大名の武具や武家の女性の着物、合戦図屏風などを収集展示している。現在は「公益財団法人多田清文化教育記念財団」が博物館を運営している。

天守閣の周囲は、数千本の植栽がある日本庭園となっており、四季折々の景観が楽しめる。

勝山市平泉寺町を車で走っていると、畑の中に突如として巨大な天守閣風建築が現れます。天守閣の高さは57.8mで日本一の高さのようです。これは地元の実業家が建築し、江戸時代の大名の武具や武家の女性の着物、屏風等を展示した博物館として1992年に開館した。


公園トイレ公園おむつ取り換え障害者用トイレ公園駐車場公園水飲み場盲導犬公園自動販売機レストラン
営業時間 9:30~16:30 最終入館16:00
定休日 水曜(祝日の場合開館)
入館料
大人(18歳以上) 500円
小・中・高校生 200円
※小学生未満無料





交通 えちぜん鉄道勝山駅からバスで平泉寺口下車、徒歩3分
北陸自動車道福井北ICから約40分

アクセス 福井県勝山市平泉寺町平泉寺85-26-1
36.042785, 136.520536
勝山城博物館 公式HP 問い合わせ先

勝山城博物館 
お問い合わせ 0779-88-6200 


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 


庄内 鶴岡の特産さくらんぼ・山菜・だだちゃ豆・つや姫

釣りの日程調整ツール 調整さん

ページ上部へ戻る